事業理念

president

島根大学では、島根大学憲章に「地域に根ざし、地域社会から世界に発信する個性輝く大学」を目指すことを謳い、これまで学生・教職員協働のもと、学生が育ち、学生とともに育つ大学づくりを推進してまいりました。

そのような中、本学は平成25年度に文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択されました。これは、地域社会、特に地方が抱える産業・市街地の空洞化や地域医療危機、過疎・高齢化等の地域が抱える諸課題に対し、大学が地元自治体や企業等と連携することで、地域の課題を把握し、全学をあげてその解決に向け取り組む事業です。

教育面では、これまでも行ってきた地域志向教育の可視化と更なる強化を図り、実際に地域に出向き、地域の課題や資源を発見し、その課題を解決できる地域貢献人材の養成を行います。また、研究面では学部を超えた研究組織であるプロジェクトセンターの機能を強化し、地域と連携しながら課題解決に繋がる研究を行い、その成果を地域に還元するとともに、特別副専攻プログラム等により地域貢献人材養成に活用します。

これら教育、研究を通して、課題解決型教育(PBL)を中心に据えた地域協創型人材養成を実現するするとともに、そこで得られた成果により新たな価値や地域イノベーションの創出を目指します。

平成28年度入試から、「地域貢献人材育成入試(COC入試)」を全学部において実施します。これは、国立大学では全国初となる取り組みで、山陰地方から地域志向の強い学生を受け入れます。COC入試で入学してきた学生は、自らが所属する学部の専門科目と「COC人材育成コース」として用意する地域関連科目を系統的に学ぶことで、専門的な知識・技能を修得するとともに地域の課題に対応する応用を身に付けることができます。本学はCOC入試を通じて、卒業後に地域で活躍し、地域とともに地域活性化や地域課題解決に取り組む人材の養成を目指します。

本学は、本事業の採択を受け、これまで以上に島根県における存在意義を高め、地域社会と連携・協働し、地域貢献人材の養成並びに地域の課題解決に取り組んでまいります。

皆様にも、本事業の趣旨並びに本学の取組みにご理解、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

                              国立大学法人 島根大学
                                学 長  服 部 泰 直