【9月30日】COC課題探求セミナーを実施しました。

2017年10月3日

COC課題探求セミナーは、COC人材育成コース2年生対象の正課外教育プログラムです。
地域の課題を深掘りし、参加者自身の専門性に基づき分析する訓練を通して、正課教育のキャップストーン科目(PBL)へとつなげることを目的としています。
今回は17名が参加しました。

COC人材育成コース2年生がこの後期に受講するキャップストーン科目「地域課題解決プロジェクトA」では、COC事業で連携する大田市の「健康まちづくり」による地域創生という課題に挑戦します。
そこでキーワードになるのが「ヘルスツーリズム」です。

今回のセミナーではヘルスツーリズムを体験し、その意義や課題を学ぶために、
9月30日に大田市大森地区で開催された「ピンクリボンウォーク石見銀山」に参加しました。
これは石見銀山世界遺産登録10周年を記念して開催されるもので、乳がん検診の啓発と同時に伝統建造物群保存地区である大森の街並みをウォーキングします。

当日は秋晴れのもと、50名近い参加者と共にウォークし、その後、主催者の島根県中央保健所チームマンモの皆さんとディスカッションし、今回のイベントの意義や工夫した点を学びました。

 

乳がんについての講演 石見銀山をウォーキング
チームマンモの皆さんとディスカッション 石見銀山世界遺産センターを見学