事業概要

about01

しまだいCOC :地域再生・活性化の拠点へ

文部科学省の「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」は、大学が自治体等と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進めることにより、地域コミュニティの中核的存在(COC: Center Of Community)として機能強化を図り、地域再生・活性化の拠点となる大学の形成を目的とするものです。

about02

教育 研究 社会貢献

about03

教 育

特色ある地域志向教育:地域を軸とした教育の構造化

 COC事業における教育の目的は、大学での学びを通して地域の課題等の認識を深め、解決に向けて主体的に行動できる人材を育成することにあります。地域志向科目とは、この目的にそった人材育成のために必要な学修を実施する科目のことです。しまだいCOCでは、単に地域志向科目を開講するだけでなく、「地域を軸とした教育の構造化」に全学的に取り組んでいます。
 事業名「課題解決型教育(PBL)による地域協創型人材養成」にも表れているように、本事業の教育では、地域課題に対応した地域協働型のPBLを展開し、学部で学んだ専門知識を地域課題解決に応用する知識と技能を修得することを重視しています。このような地域課題解決型教育の内容を持つ科目を、しまだいCOCでは、キャップストーン科目としています。さらに、地域課題に対応するためには、常に新しい専門知識を学ぶ必要があり、そのための専門教育が重要となります。一方で、そもそも地域の現状と課題を広く知っておく必要があります。こうした地域基盤型教育をベースストーン科目として整備しています。ベースストーン科目・キャップストーン科目とも、改善のため毎年科目指定の見直しを行っています。
 ベースストーン科目・専門教育・キャップストーン科目に、地域と共に展開するインターンシップ科目を加え、入学年から卒業学年まで、地域を軸とした教育の構造化が、しまだいCOCの大きな特色となっています。

about04

◯ベースストーン科目

教養育成科目又は各学部の専門教育科目のうち,地域の基礎的な現状と課題について学習することのできる科目であり,かつ,地域社会との関わりを通じて,大学で専門領域を学ぶことへの意欲を喚起できる科目

◯キャップストーン科目

  主に各学部の専門教育科目のうち、身に付けた知識と経験を地域課題解決能力の修得につなげる科目

科目の一覧を見る

 


地域貢献人材育成入試とCOC人材育成コース

 島根大学では、地域に貢献できる人材を育成することを目指して、地域志向の強い学生を各学部に受け入れる地域貢献人材育成入試を実施します。
 「地域貢献人材育成入試」で入学した学生は、所属する学部の専門教育を受けるとともに、学部を超えてCOC人材育成コースに属し、コースの教育プログラムに基づいてベースストーン科目・キャップストーン科目・インターンシップを段階的に履修します。また、学部を超えたコースとしての学習環境を最大限に活かした正課外の「COC人材育成セミナー」の履修を通じて、専門的な知識を地域の課題に対して応用するための高度な知識と技術を獲得していきます。

bn_about_human

COC人材育成コース

bn_about_coc

about07

研 究

地域との協働で未来を開拓する『プロジェクトセンター』

プロジェクトセンターとは

 島根大学では学際的研究活動の活性化を目指し、学部を超えて教育研究を行うグループを「プロジェクトセンター」として可視化してきました。しまだいCOCでは、プロジェクトセンターによる地域課題解決型研究とそこで行われる教育をさらに推進、サポートしています。

 

about08

bn_about_human

プロジェクトセンター

about10

社会貢献

島根の「よりよい未来」へつなげる

リアル、バーチャル空間における「ネットワークの形成」

 しまだいCOCでは、大学の知と地域の資産を結びつける”きっかけ”が生まれるよう、リアルやバーチャルの空間で大学と地域がつながることができる「ネットワーク」の形成を進めています。
 これらのネットワークの利用が促進されると地域と大学の間により高度で、より深いつながりが生まれ、課題解決への挑戦や新たな価値の創造など、イノベーション創出も可能になっていくと考えます。 

  • about11
    地域学習支援ITシステム
  • about12
    学生市民交流ハウス FLAT

地域と大学とのつながりを支える
地域未来戦略センター

 地域未来戦略センターは、しまだいCOC事業推進のため平成25年度から発足しました。大学と地域との間に立ち、シーズとニーズを結び付けて、地域志向教育強化や地域課題解決、地域活性化につなげることが主な役割です。また、各学部と協働し、COC人材育成コースに所属する学生へのきめ細かなメンタリングや、地域に根差した課題解決型教育(PBL)を提供していきます。さらに、平成27年度から開始した「COC+事業:地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」も推進しています。

bn_about_human

地域未来戦略センター

活動支援

教員の地域活動をサポートし、加速する
「地域志向教育研究経費」

地域志向教育研究経費とは

 しまだいCOCでは、学生に対する教育やプロジェクトセンターでの活動を通して、教員みずからも地域と向き合う「地(知)を知るFD」を推進しています。(FD=ファカルティ・ディベロップメント)
 この経費は、地域志向の教育・研究・社会貢献を実践する教員の活動に対する助成で、毎年学内公募されます。教員は助成を受け、みずからの取り組みを地域へ還元しています。

about09
経費に基づいた研究による地盤調査

bn_about_human

地域志向教育研究経費